足裏樹液シートとは、森などに生える樹木から採れた樹液を使い、身体の中の毒素を出す事を目的とした、寝る前に足の裏に貼るシートです。様々な特徴がありますので、項目別にわかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

①    効果から見た、足裏樹液シートとは

 

足裏樹液シートとは簡単に言えば湿布に近いものです。樹液シートを足の裏に貼り、睡眠する事で睡眠中に成分が足から全身へ巡り、足のむくみ・冷え症・身体の疲れが解消されるという仕組みになっています。

 

 

②    種類から見た、足裏樹液シートとは

 

足裏樹液シートには種類があり、それぞれ樹液以外に配合されている物で、特定の効果を出す事ができます。

 

例えば通常の足裏樹液シートであれば、毒素を抜きつつ身体を健康な状態へとしてくれますが、唐辛子入りの樹液シートであれば追加で唐辛子の保温効果を得る事ができるといった具合です。

 

各メーカー様々な種類の足裏樹液シートを販売していますので自分に合った効果の物を探すのも醍醐味と言えます。

 

 

③    貼る位置から見た、足裏樹液シートとは

 

足裏樹液シートは足の裏に貼るものですが、他の樹液シートには足以外にも貼るものがあります。では何故足の裏なのかと言いますと、足は身体の中でも心臓から最も遠い部分となります。その為足の筋肉は発達しており第二の心臓とも呼ばれて言います。

 

足の裏に貼るのは、身体から最も遠いので老廃物を効率よく外へ出すためであり、冷えがちな末端を暖めるという目的もあるので足の裏に貼るのが最適となります。





カテゴリー : 足裏樹液シートの概要