足裏樹液シートを使うと”むくみ”が改善でき、さらに疲れまでとれるのですが、何故そのような効果があるのかを細かく解説したいと思います。

 

足裏樹液シートを使うと足のむくみや疲れが取れやすくなり、スッキリ起きられるようになるのは樹液が関係しています。樹液には毒素を吸い取る効果があり健康状態を保つのに効果があるのです。

 

むくみの原因と言われているのは水毒というもので、水分を摂りすぎたりして体内に残ってしまう状態を指します。原因は水分に対して運動量が少ないなど様々ですが、夜など寝ている間はトイレに行く事がないので、体内の水毒がそのまま残りがちとなってしまいます。

 

程度にもよりますが水毒が体内に残ると下半身を中心にむくみ、疲労感やくしゃみ・鼻水・下痢・吐き気といった風邪に似た症状が出る事となります。

 

足裏樹液シートを足の裏に貼る理由としては、足の裏は心臓から最も遠い部分であり、その為どこよりも毒素が溜まりやすいというのと、足裏は発汗に適している場所なので効率よく毒素を外へ出す事ができるからです。

 

足裏樹液シートを寝る前に足の裏に貼ると、本来であれば起床するまで体内に残り続ける毒素が睡眠中に水分と毒素が身体の外へどんどん出ていきます。これによりむくみが改善でき、さらには水毒による疲れといった症状も併せて改善できるのです。

 

水毒病は水を摂取しすぎただけで引き起こす危険のある症状です。ただの水と思うかもしれませんが、無意識になっている方も多い症状なので疲れが取れないという方は足裏樹液シートで水毒を体外に出してみてはどうでしょうか?





カテゴリー : 足裏樹液シートの概要