足裏樹液シートはどのような仕組みでむくみや疲労を改善してくれるのかを調べました。

 

足裏樹液シートを使うと、使用後のベタベタ感に驚くと思います。あのベタベタこそ体内に溜まった毒素であり、むくみや疲労の原因となるのですが、足裏樹液シートはどのような仕組みで毒素を体外に出しているのでしょうか?

 

足の裏とは汗腺が集中しており身体の中でも汗をかきやすい場所です。さらに心臓から最も遠い事と、下にある事で毒素や老廃物が溜まりやすい場所であり、足裏樹液シートはそれを利用する仕組みとなっています。しかし、この仕組みだけでは自然に出る毒素だけで吸い出す事はできません。

 

毒素を吸い出す仕組みの秘密は樹液にあります。樹液は名前の通り樹木の液であり、木にとっては血液となります。この樹液には地面から水を吸い上げるためか高い吸水性があり、この樹液を利用する事で足裏樹液シートは高い吸水力を持ったシートとなるのです。

 

高い吸水力を持った足裏樹液シートを寝る前に貼る事で、寝ている間に水分と一緒に毒素を出してくれるのです。この毒素は朝起きた時にシートを見れば一目瞭然で、シートが水分でベトベトになります。色のほうは材料の色が出ただけなので老廃物というわけではありませんが、見た目的にもいかにも効果がでていそうと思えるほどです。

 

ストレスや疲労の多い現代社会、靴が臭うかな?と感じたら体内に毒素が溜まっている可能性がありますので、そんなときは寝る前に足裏樹液シートを貼ってから寝ると良いかもしれません。





カテゴリー : 足裏樹液シートの概要