足裏樹液シートは購入する時に粘着テープの種類が選べるのですが、樹液でなく粘着テープを変更して意味があるの?と思う方もいると思います。そこで足裏樹液シートの粘着テープの違いについて調べてみました。

 

粘着テープは通常のもの以外にチタンのものがあります。チタンと言えば非常に強固な金属で知られるもので様々な効果があります。足裏樹液シートに使われているチタンは炭化チタンとなっています。

 

炭化チタンには触れている部分の発熱を促進するという効果があり、医療の分野だけでなくスポーツの分野でも幅広く使われている素材となっています。

 

例えばスポーツ選手がつけるネックレスなど炭化チタンが使われている物が多いのも炭化チタンの発熱効果を期待してのものとなります。触れている部分に発熱を促すので、血行が良くなり筋肉も良く動くようになるので身体が軽くなったように感じるようになるのです。

 

チタンが幅広い分野で使われるのは強固な金属だからという理由だけではありません。チタンは金属ですが、金属アレルギーを起こさない事でも有名な金属でもあるので、足裏樹液シートを貼った部分がかぶれるといった心配もありません。

 

万能に思えるチタンですが注意点もあります。足裏樹液シートのチタンテープは通常のテープと比べて粘着力が弱く剥がれやすいのです。しかし、通常のテープだと粘着力が強すぎる場合があるので、弱い方が良いという方にとってはマイナスではなくプラスの要因となる注意点となっています。





カテゴリー : 足裏樹液シートの詳細情報